沿革

昭和41年7月 
(1966年)
墨田区東向島1丁目に資本金100万円にて設立。
スポンジの加工を開始。
昭和43年7月
埼玉県蓮田市に埼玉工場を新設。
ネオプレン被膜付ラテックススポンジの製造を開始する。
日本初の超高層ビル、霞が関ビル36階全サッシ
気密材並びに、オムロン自動販売機用パッキング材に
使用される。
昭和44年7月
資本金350万円に増資。
昭和45年10月
埼玉工場増設。
自動油圧抜型裁断機2台設置。
昭和46年9月
資本金700万円に増資。
昭和47年3月
向島4丁目に本社新社屋建設。
昭和53年3月
EPDMスポンジをシーリング材として開発。
昭和57年10月
資本金1,050万円に増資。
昭和60年8月
山梨県甲府市に甲府営業所を新設。
昭和61年7月
現在地に新社屋建設。本社を移転。
平成3年1月 (1991年)
甲府営業所を甲府事業所に改め国母工場を新設。
平成7年10月
米国、シカゴに営業所開設。
平成9年2月
米国、シカゴに現地法人設立。
平成15年6月
甲府事業所大里工場増設。国母工場を集約。
平成15年11月
資本金3,150万円に増資。
平成17年5月
埼玉工場増改築。
平成18年4月
ISO14001認証取得。
平成28年7月
創業50周年を迎える。

(2017-04-24・398KB)

(2017-04-24・269KB)

タイキ株式会社
〒131-0033
東京都墨田区向島4-20-10
TEL.03-3623-1161
FAX.03-3624-4902
1.■ゴム成型品■
2.■各種加工部品■
3.■特殊成型部品■